« ITコーディネータ資格取得ケース研修説明会の開催ご案内 | トップページ | ITIL V3 ファンデーション »

2010年10月 2日 (土)

2010年度第2回ソリューション・コラボ

 一般社団法人 ヒューリット・マネジメント・フォーラムが主催するセミナーに参加し、ITベンダーのソリューションのプレゼンとITC協会からの説明を聞いてきました。
 
1.ソリューション紹介①
 株式会社スマートバリュー http://www.smartvalue.ad.jp/
 タイトル : データセンター ソリューション
 
2.ソリューション紹介 ②
 日本コンピューター・システム株式会社 http://www.ncs.co.jp/
 タイトル : データを情報に!分析テンプレートBIdjar(ビジュアル)
        アパレル商品情報管理MD.Creatorのご紹介
  製品URL
   Bidjarhttp://www.ncs.co.jp/solution/sol06.html
   MD.Creatorhttp://www.ncs.co.jp/solution/sol05.html
 
3.ソリューション紹介③
 一般社団法人ヒューリット・マネジメント・フォーラム
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 http://www.itc.or.jp/
 タイトル : 企業向け「IT経営体感ケース研修」のご紹介
  
 このIT経営体感ケース研修は魅力的です。私もこの研修のインストラクタとなり、まずは社内で研修を実施してみたいと思っています。インストラクタになるために、「IT経営体感ケース研修講師養成講座(2・3日版)」を受講する必要があり、次に開講された時にはぜひとも参加しようと思っています。
 
【「IT経営体感ケース研修」の企業への導入の開始について】
(ITC協会からの抜粋 http://www.itc.or.jp/news/news20100604_4.html )

 ITコーディネータ協会では、IT利活用に関わっている方々を対象にした、IT経営のマネジメントプロセスを短期間のグループ演習で学ぶ「IT経営体感ケース研修」を開発し、企業内研修として実施していただけるよう準備を整え、販売を開始しました。
 特に、経営戦略とIT戦略が整合しておらず、企業の競争力阻害の要因となっている問題に対し、当研修で課題を解決するスキルを体感することを狙っており、大手ユーザー企業など業務改革の推進組織や、ベンダー企業の営業職などへの展開を重点的に行っていきます。
 また、企業だけでなく、自治体、業界団体、大学院、民間研修機関などへの導入も開始しました。

 IT経営体感ケース研修」リーフレット
(PDFファイル http://www.itc.or.jp/news/dlfiles/news20100604_5_1.pdf )をご覧ください。

 当研修は、ITコーディネータ協会がITコーディネータ資格認定用に実施しているケース研修(15日間)の短縮版として開発したものですが、経営戦略の策定からITサービス活用まで、経営戦略と整合のある一貫したIT経営プロセスのマネジメントと評価を、ケーススタディで体感する研修となっています。事例は小売業、製造業、自治体などを取りそろえており、今後事例の拡大も行っていきます。

 この研修は、過去3年間で5社600名に実証研修として実績を積んだ内容となっています。この研修を受けることで、経営者の目線で会話ができるようになった、企画・提案力が向上した、などの受講者からの評価をいただき、企業からは、これまでにない研修との評価をいただいています。

 ITコーディネータ協会では、今年度各企業等で述べ50コースの開催を目指しており、IT経営の理解者を日本の企業に広く浸透させ、企業の競争力強化を支援することにしています。

|

« ITコーディネータ資格取得ケース研修説明会の開催ご案内 | トップページ | ITIL V3 ファンデーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177036/49637831

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年度第2回ソリューション・コラボ:

« ITコーディネータ資格取得ケース研修説明会の開催ご案内 | トップページ | ITIL V3 ファンデーション »