« 親父のこと | トップページ | 2012年5月度A361勉強会 »

2012年5月 8日 (火)

ITコーディネータのケース研修費用が下がり受けやすくなりました。

ITコーディネータのケース研修のご案内です。
今回から受講料が、52.5万円から21万円になり、受けやすくなっております。
(私が所属している一般社団法人ヒューリット・マネジメント・フォーラムからの案内です。長文ですが、ご容赦ください。)
 
さて、すでにご存じの方も多いと思いますが、経済産業省推進資格である「ITコーディネータ」は、真に経営に役立つIT利活用に向け、経営者の立場に立った助言・支援を行い、IT経営を実現する人材です。
 
2001年の制度設立以降、製造業、小売業、サービス業をはじめ自治体、病院、学校、農業法人など多様な業種で数多くの実績、成果をあげてきております。
活動形態も独立業として、ユーザ企業・ベンダ企業内人材として、また政府、自治体のCIO補佐官など、多様な職域で活躍しています。
 
日経BP社の調査によると、「ITコーディネータ」が、ITベンダーの営業担当者が取得すべき資格(IT関連団体の資格の部)のNo.1となったそうです。
 
【2012年版「いる資格、いらない資格】 (日経ITPro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120412/390790/?ST=selfup
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20091110/340307/
 
これからの時代には、経営とIT双方の領域に長けた人材が求められています。ITコーディネータ資格認定制度では、経営からITまでの幅広い知識を身につけることができるだけでなく、実践的なケース研修が用意されているため、早い段階から実績を積むことが可能であり、経営改革における即戦力として、幅広い活躍の場が期待できます。
 
今回は、この「ITコーディネータ」資格取得要件であるケース研修(集合型研修)のご案内です。
 
このケース研修については、制度設立以来、長年にわたり開催されてきましたが、「より身につけやすい資格に」「より多くの方に、より充実した研修を」をコンセプトに内容が大きく変わりました。
 
カリキュラム再編による資格取得時ケース研修の期間・費用の圧縮<従来>集合研修15日間で、受講費用50万円(税別)
⇒<改訂後>eラーニング含む個人学習+集合研修6日間で、
受講費用 21万円(税込)
 
その他も含めて、詳しい内容はITC協会のHPを参照ください。
http://www.itc.or.jp/authorize/training/
 
http://www.hritmf.com/new1051.html
 
また、弊コースは厚生労働省の「成長分野等人材育成支援事業助成金」制度を利用すると、入社・転職5年以内の社員については、20万円を上限として助成金の支給が受けられるとのことです。(今年度限りです。)
詳しくは、以下のサイトにてご確認いただくか、当方にお問い合わせください。
 
【成長分野等人材育成支援事業助成金】 厚生労働省・ハローワーク
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/f-top.html
パンフレット
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/f-top-c.pdf
 
全国のどの研修実施機関で受講しても同様のカリキュラム内容ですが、その運営・支援内容等については各実施機関ごとに特長があります。
 
特に、私ども一般社団法人ヒューリット・マネジメント・フォーラムの運営するコース(大阪/週末4)には、他団体にはない次のような特長があります。
 
1.ITコーディネータを目指す方々に対して、ケース研修を通じてプロセスガイドラインに基づいたITコーディネータの支援プロセスを理解していただくと伴に、実践の場での具体的な事例も交えつつ、ITコーディネータとしての基本的な知識と理念を学んでいただくように努めます。
 
2.ケース研修実施に際しては、ITC制度設立以来、10数年間、継続的にケース研修のインストラクションを務め、多くのITCを輩出してきた実践経験豊富なインストラクターを中心とした講師陣を1グループに1名以上配置して指導いたします。
 
3.また、弊団体主催のケース研修に関しては、開催期間中や開催後に先輩現役ITCとの交流の機会を積極的に設けます。
 
4.さらに、6日間の指定ケース研修の後、希望する受講者に対しての「フォローアップ集合研修(1日)」を無償にて実施いたします。
(実践の場での応用方法やITC活動事例紹介、ITC資格の活かし方など)
 
http://www.hritmf.com/new1051.html
 
以下は、弊団体主催コースのご案内です。
 
<開催日時>
6月16日(土)・30日(土)・7月1日(日)・14日(土)・15日(日)・28日(土) 各日 9時30分~18時 (※大阪週末4コースになります。)
 
<開催場所>
〒540-0026 大阪市中央区内本町1丁目4-12 NPO-WIT2F会議室
http://www.wit.or.jp/access.html
 
<募集締め切り> 5月25日(金)17時(予定)
※定員になり次第、締めきります。
 
※弊団体開催分をお申し込みの際は、ITC協会HP上の専用申込みサイトで、必ず希望コース1で「大阪/週末4」をお選びください。

|

« 親父のこと | トップページ | 2012年5月度A361勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177036/54665039

この記事へのトラックバック一覧です: ITコーディネータのケース研修費用が下がり受けやすくなりました。:

« 親父のこと | トップページ | 2012年5月度A361勉強会 »