2010年6月27日 (日)

プロジェクトマネージャの論文対策

 ネットで検索してみると、情報処理技術者試験においては、プロジェクトマネージャが最も人気があり、取らせたい資格ナンバー1になっていました。
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20091110/340266/
 
 また、本日買ったプレジデント別冊2010年7月号(100人調査!「年収2000万」稼ぐ人の秘密公開、時間半分、成果5倍の勉強法)を見てみたら、プロジェクトマネージャは勉強時間で見て中小企業診断士と並んで、230時間でした。ここ数年で随分と評価が上がってきたようです。しかし、中小企業診断士はもっと勉強しないときびしいですよね。
 
 さて、今回はプロジェクトマネージャの論文試験対策として、私が感じている基本的なアドバイスを書いてみます。
(午前と午後Ⅰはひたすら合格点になるまで勉強あるのみです。)
 
○プロマネの役割に沿って記述してください。
 試験区分に応じた役割と守備範囲を、理解・把握し記述する必要があります。このためには、シラバスをしっかり見ておいてください。
 プロマネのシラバスはこちらです。
 http://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/syllabus_pm.pdf

 ついつい、「私は○○機能のユーザーインターフェースについて設計した。」なんて、書いていませんか?書いたら、まちがいなく減点です。
 
○最後まで書いたのに評価ランクが「B」だった人の多くはこれに該当します。
 「問題文の趣旨に沿って解答してください。」と問題冊子に書いてあります。自分の準備したネタを書き始め、気がついたら、求められている趣旨から外れてしまって・・・このケースが多いようです。最初に問題文と設問をしっかり読んで、ストーリーを作ってから、書き始めてください。
 
○あくまでもPMBOKに準拠
 シラバスにあるようにプロマネはPMBOKのフレームワークに沿ってマネジメントできる人です。となれば、当然、リスク、WBS、コスト、品質、時には、EVM、これらの言葉が論文中に頻繁に出てくるばずです。最も大切なリスクについて一言も触れてないとしたら、やはり、モグリと思われるのではないでしょうか?
 
○合格者からのアドバイスを受けてください。
 すでに合格された方に作成した論文を添削してもらってください。そして、ディスカッションしてください。いろいろな気付きが生まれます。合格した方から、直接コツを聞くことが合格への近道です。
 
○設問とタイムチャート
 論述内容を時間軸で見てみると、問題文と設問に応じて、計画段階から評価段階までのいずれかで書く必要があります。設問アはたいがい計画時点を書きます。設問イは内容に応じて、計画か実施段階を書きます。設問ウも問われている内容により実施段階か評価段階を書きます。この留意点は合格した先輩から聞いたことですが、これを意識すると、書きやすくなるのと同時に、論文のストーリーにメリハリが出てくるように思います。
 
○プロジェクトの概要
・開発システムの目的と背景
・私の立場(PM)と発注者と受注者
・プロジェクト体制とステークホルダー
・システム開発期間と予算
・プロジェクトの特徴(設問アに従いアレンジする。) 
を400文字程度でしっかり準備しておいてください。
 
○最も配点が高いと思われる、設問イで求められる「工夫」について
 論文で求められる工夫点は誰しもが絶賛するようなすばらしいものでなくて良いです。工夫点の創意性や独自性などにより加点されるのではなく、題意で求められている点についていかに忠実に論述しているか?が採点されるのです。そして、もうひとつ大切なことは、この工夫点の根拠をどのように考えたか、理由・必然性をしっかり書くことです。
 私には経験がなくて設問で求められている工夫点が書けないと思われている方もたくさんみえると思います。今までの経験したシステム開発プロジェクトにおいて、自分が実施した誇れる工夫点は少ないかもしれません。そこでアドバイスです。自分が関わったプロジェクトのいろいろな人が実施した工夫点を、その人になり替わって書けば良いのです。
 
○設問ウ
 昨年の試験制度改正から、600文字から1200文字以内と指定され、求められる内容も増してきました。以前より重きを置いて、時間の余裕を持って、しっかり書いた方が良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

プロジェクトマネージャ合格しました

 本日は情報処理技術者試験の合格発表、6回目の受験でやっと合格しました。うれしいです。
 
 このブログ、試験の合格発表日になるといつも、プロジェクトマネージャをキーワードにしたアクセスがど~んと増えます。今度の休みにでも私なりの試験のコツを書いてみようと思っています。待っててくださいね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

プロジェクトマネージャ試験6回目

 気がつけば今回で6回目、高度情報処理技術者試験のプロジェクトマネージャ(PM)を受けてきました。今回も午前Ⅱと午後ⅠはOKだと思います(午前Ⅰは免除)、いつのように午後Ⅱの論文しだいです。
 
Toorinuke  試験会場の近くだったので、造幣局の通り抜けの桜を見てきました。しかし、人が一杯(>_<)、私は苦手ですわ。ランニングの途中で見る桜の方が私にはいいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月30日 (火)

またしても・・・

 情報処理技術者試験の発表があり、プロジェクトマネージャは今回も不合格でした。午後Ⅰまで合格点でしたが論文でまたもやBランクでした。2回続けての論文NGは初めてです。PMとしてのマネジメントが身についてないのですね、また、来年トライです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

PMの難しさ

 私のプロジェクトは昨年の春くらいから要件定義を開始し、開発を終え、この4月で移行が完了し、現在は維持運用に戻りました。久しぶりにたいへんなプロジェクトでした。予算も少なく、期間も短かったこともあり、不具合も出したので、正直失敗です。予算不足はユーザーの都合であり、我々ベンダーがコントロールできないところではあるものの、やはり、納期に追われバタバタしての不具合発生により社内での評価を落としました(^_^;)。
 システム開発プロジェクトは、
・予算が少ない。
・期間が短い。
・要件が確定しない。
・仕様変更が発生する。
・必要なスキルを持ったメンバーが集まらない。
などの問題があることが大半で、そこをうまく進めることがプロジェクトマネージャの役割なんでしょうが、なかなか難しいですね。一度成功したからといって、次はまた異なる状況に置かれ、新たな問題と対策に悪戦苦闘するのが常です。プロジェクト管理のベストプラクティスであるPMBOKは随分と浸透してきたものの、やはり、一筋縄ではいかないのが現実ですね。うまくいかなかったところは素直に反省し、次のプロジェクトに活かしていくことの積み重ねが大切だと上司には言われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

プロマネ受験、そして、次は中小企業診断士

 プロジェクトマネージャーの試験を受けてきました。今回より試験制度が変わり、午前が2つに分かれました。午前Ⅰの試験問題を見てびっくり、基本情報の問題であった技術計算や論理回路の問題がいくつか出てました。10年以上前に勉強していた問題です。プロマネには関係ないよな・・・とい思いつつ、やはり解けませんでした。
 夕方の午前の解答発表で答え合わせをしたところ、午前は二つとも合格ラインでした。ふっ~良かった。合格は昨年と同じく午後Ⅱの論文しだいかなと思います。6月末の発表を待ちます。
 
 先日、会社の自己啓発制度のメニューの中より「中小企業診断士」の通信教育を申し込みました。最後の難関資格挑戦のスタートです。今までに取得したシステムアナリストとITコーディネータの学習内容との重複分野も多く、シナジー効果を狙い、勉強していこうと思っています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

へこむなぁ~

 本日は情報処理技術者試験の試験合格発表日です。私が受験したプロジェクトマネージャーの結果は午前:685スコアー、午後Ⅰ:700スコアー、午後Ⅱの論文:ランクBということで、不合格でした。午後Ⅰはかってない高得点だっただけに、論文が惜しいです。たしかに、論文は今ひとつ、問題に対する対策についての深堀ができていませんでした。しかたないかな?それにしても情報処理記述者試験は連敗が続いています。
 来年度からは試験制度の変更があり、春にプロジャクトマネージャー試験が実施されるので、絶対に取得しなくしていけませんね。

 このところ、仕事の忙しさが続いており、半年くらいは休日出勤も多く、36協定時間外超過申請も今月5回目です。おとといの土曜と昨日の日曜も仕事になり、スイミング仲間の忘年会をキャンセル、駅伝参加とトライアスロンクラブの忘年会もキャンセルしてしまいました。とても残念でした。試験の不合格とあわせてへこんでいます。

 しかしながら、もうすこしで、仕事のピークは超えるので、毎日、1時間の勉強と運動ができる日々に戻したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

プロマネ受験

 本日、プロジェクトマネージャーの試験を受けてきました。今回は仕事が忙しくて満足な勉強ができませんでした。感覚的には、午前と午後Ⅰは合格点だと思います。ただし、論文の午後Ⅱは今ひとつ、なんか薄っぺらな文章を書いてしまいました。もう少し、プロマネとしての日ごろ実行している管理内容について触れるべきだったように思います。前回、いまいちだった午後Ⅰはほぼできたと思っているのでこれは前進だと感じています。12月15日の結果発表を待ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

プロマネ残念!

 本日は情報処理技術者試験のプロジェクトマネージャー合格発表日、ネットで確認すると、午後Ⅰの合格ラインが600スコアーのところ、590スコアーで不合格でした。あと1問解けていたら・・・と思うととても残念です。
 でも、仕方ないですね、確実に合格する力をつけないといけません。今年はシステム管理に続いて、2連敗でした。来年は、気合を入れてもう一度頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

プロマネ受験

 10月21日に受験したプロジャクトマネージャーの午後Ⅰの解答が、2箇所のホームページに掲載されました。午後Ⅱの論文は大丈夫かなと思っていますので、合否は午後Ⅰの出来次第だと感じています。
 早速、採点してみると、合格ラインである600スコアーに近い610スコアー前後でした。記述式なので、微妙な表現のズレや、別解に対する配点など、微妙なところがあるので合格発表まで、結果はわかりませんね。
 12月まで、「合格しててほしいなぁ~」と思いながら待ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)